1日のうちに決済を行うスタイル

fifsdjurwpkf 日をまたがずに1日のうちで売買を完結させてしまう投資スタイルをデイトレードといいます。FXでは相場が24時間動くので、就寝中に相場が急変した場合に対応ができません。また、相場が心配で十分に眠れないといった実生活への悪影響が出る方もおられます。そこで1日で決済をしてしまうとルールを決め、こうしたデメリットを解消したのがデイトレードです。

デイトレードもうひとつのメリットは、スワップポイントの影響がないので売りでもエントリーしやすく、スワップポイントの大きさを気にせずに通貨ペアを選択できるところです。中長期にわたってポジションを維持するならばスワップの影響は無視できませんが、デイトレードならスワップを無視できるのです。狙うべき目的は、必然的に為替差益のみとなります。

デイトレードで重要なのはテクニカル分析。1日の相場の動きは中長期のトレードとは関係なく、その日の流れによって上下どちらにも動きます。これまでの統計から直近の動きを予測するのに適しているテクニカル分析が役立つのです。長期投資やスイングトレードに比べて取引回数が多くなるので、取引コストが安い(スプレッドが狭い)FX業者をバイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記←こういうところから探すことも大切です。

もっとも短いスパンでの取引

FXの取引で、もっとも短い期間に売買を繰り返す手法をスキャルピングといいます。その取引時間は数秒から数分。薄皮を剥ぐようにして利益を積み重ねるスタイルなのでスキャルピングという呼称が定着しました。

デイトレードよりもさらに短い間隔の取引なので、スワップポイントは関係なく、狙いは為替差益のみとなります。中長期トレンドもほぼ影響しないので、取引の目安はテクニカル分析一本に絞ります。

こうして相場の細かな振動というべき動きを、数pips単位で連続して抜いていきます。数pipsでも回数を重ねればかなりの利益になりますし、時には一気に10pips以上抜けることもあります。予測さえ当たればという条件付きですが、すべてのスタイルの中でもっとも利益率が高くなる可能性があるスタイルです。

スキャルピングはとにかく取引回数が多くなるので、取引コストが安い業者を選択するのが必須条件となります。また、業者によってはシステムに負担をかけるスキャルピングを許容しないところもあるので、複数の業者の口座を使い、取引を分散するなどの工夫が必要になる場合もあります。