デイトレーダーの特徴とは

filldkf デイトレーダーと言うのは、株式の取引を数日、一日単位、もしくは一日以下での取引で売買をする人の事を指します。株というのは、常に上下動を繰り返しながら常に動き続けます、人気、不人気はありますが。デイトレーダーはその株価を数日またはその日の株価の安い時に買って、高い時に売り利益を得ようとする人の事を指します。

株の取引というと、中々手の出しづらい資金も経験も知識もある何か特別な人がしているイメージを持つことが多いかもしれませんが、現在はそうでは有りません。昔は資金力のある投資家や投資会社等の機関投資家が主たるものでしたが、昨今では個人投資家がどんどんと増えて着ています。

その理由としては、インターネットの普及によって直接証券会社に出向いたり、担当者と話をして銘柄を決めるなどの手間がなくなったからです。今ではインターネットでほぼ全ての取引が可能です。証券会社に出向く必要も無いので見知らぬ証券マンから話を聞く必要もなくなりましたので、あまり人と話すのが不得手な人でも気軽に始める事ができます。

口座開設もインターネットでできますし、入金、出金もネットバンキングを利用して行う事ができます。他にも、昔に比べて株単価、単元株数が下がっているので少額の資金から始める事もできます。極端な話で言うと、10000円からでも始められます。そんな理由から年々個人投資家が増えており、そんた個人投資家が最初に行き着く先はデイトレードという事も多いと思います。

長期で保有しているホルダーよりも、日々の出来事に敏感に反応しますし、何よりある程度の資金があれば、数分で何万円もの利益をあげる事も可能です。もちろん、全てが上手くいった時を仮定した話ではありますが。株をしている投資家の中には個人の資金力のが億越えの方も沢山いらっしゃいます、そんな人たちがデイトレードをすると一日に何十万、何百万もの利益をあげる方もいらっしゃるようです。

デイトレードを始めるのなら証券会社に口座を作るのですが、長期ホルダーと違って日々売買を繰り返すので手数料には注意したほうが良いです、基本的には約定代金での手数料設定をしている所が多いですが、デイトレーダー向けの物あります。約定代金ではなく、一日あたりの定額制の手数料形態がありますので一日に何度も売買を繰り返す人は定額制の所に口座を開設する事をオススメします。証券会社によっては一日の約定代金が10万円以下なら手数料が無料の所もありますので、誰でも手軽に始める事ができます。